レーザー脱毛によるワキ脱毛のメリット

ワキ脱毛には、エステサロンで受けられる光脱毛や、医療機関で受けられるレーザー脱毛があります。


高い効果を得たい場合は、レーザー脱毛による処理が最適です。


レーザーとは、医療機関で治療などに使われるものを脱毛施術に使用するため医師にしか施術ができませんが、その分安全で高い効果が期待できます。脱毛したい部分にレーザー光を照射することで毛根を破壊していき、毛が生えなくなるようにしていきます。



エステでの光脱毛も同じ仕組みで毛を処理していきますが、光の出力が弱いため、完全に再生を止めるにはレーザーによる施術に比べて施術回数が多くなってしまいます。

医療機関のレーザー脱毛は、エステサロンでの施術よりも少ない回数で終了できます。

レーザー脱毛はレーザーの出力が強いため施術時に痛みが発生しますが、医療機関で行われるため、刺激に弱い人は麻酔クリームなどを使用して施術が受けられる上、万が一肌トラブルが起こってもすぐに治療や処置がしてもらえるので安心です。



また、カミソリや毛抜きを使用したムダ毛の自己処理に比べ、肌への負担も少ないので、色素沈着や肌荒れなどの肌トラブルも起こりにくくなります。

近年では、ワキ脱毛であれば、低料金で脱毛施術が受けられる医療機関も増えてきており、1万円から3万円ほどとなっているのが一般的です。


医療機関でのワキ脱毛は、繰り返し自分で処理するよりも、金銭面でも肌への負担を考えてもメリットが多いのです。